• このエントリーをはてなブックマークに追加

南アフリカで高校留学に向いている主要都市

英語の勉強をするための留学先として有名なのはアメリカ合衆国やカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスなどの国ですが、みんなと違う場所に行ってみたかったり、全く異なる環境で勉強をしてみたいなら南アフリカ共和国に注目してみましょう。現在はアフリカ大陸で最も安全で暮らしやすい国に発展していて、欧米の国よりも生活しやすいという意見もあるほどで世界中から観光客や移住者も集まっています。主要都市にはレベルの高い高校や語学学校がたくさんあるので、英語を学ぶための高校留学におすすめです。温暖な気候で過ごしやすく、マリンスポーツを楽しめる環境や歴史的な街並みなどもあり、高級リゾートのような雰囲気の中で特別感のある海外生活を体験することができます。

観光地として有名な都市もたくさんある

南アフリカに高校留学をするとき人気のある主要都市は、ケープタウン、ヨハネスブルグ、プレトリア、ブルームフォンテーン、ダーバン、ソウェト、ポート・エリザベスなどが挙げられます。特にケープタウンとヨハネスブルグは観光旅行のツアーにも必ず入っている人気の都市で、生活水準は欧米の主要国よりも高いと言われているほど暮らしやすいエリアです。さまざまな人種が一緒に暮らしていて、英語が公用語として使われているので高校の授業も英語で行われています。レベルに合わせてクラス分けをしてゆっくりと学ぶことができて、世界中の留学生と友達になったり現地の生徒と交流をしたり、充実した時間を過ごせます。ホストファミリーも広い家に住んでいることが多いので、快適な暮らしができます。

交通網や商業施設も整備されていて便利

アフリカの国は生活が不便だったり発展が遅れているようなイメージがありますが、南アフリカの主要都市は先進国の大都市並みに整備されているのでレベルの高さにびっくりするほどです。大きなショッピングセンターが立ち並び、トラムやバスで簡単に移動をしたり、インターネット環境も整っていて快適です。海に面したエリアではマリンスポーツが盛んに行われていて海水浴やサーフィンを楽しむことができ、内陸部ではアフリカの自然に触れるアウトドアをしたり、ドライブに行ったりできます。日本からの距離が離れているので長期間の高校留学に向いていますが、短期で行けるコースもあるので自分のスケジュールに合わせて選べます。せっかく英語を学ぶなら珍しい目的地を選んで特別な体験をしてみましょう。